ファッション ヘアスタイル

これでおしゃれヘアになる!メンズパーマにおすすめのスタイリング剤6選

「おしゃれなパーマになるスタイリング剤が知りたい」ということはありませんか。

ワックスやジェル、グリースなど、さまざまな種類のスタイリング剤があり、どれを使ったらいいのかわからない男性も多いでしょう。

こういった場合、スタイリング剤はヘアスタイルやなりたい質感、ダメージ具合などに合わせて選ぶことで、理想的なパーマに仕上がります。

本記事では、メンズパーマのスタイリング剤の選び方や、おすすめのスタイリング剤を紹介します。

スタイリング剤をつけるときのポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

メンズパーマのスタイリング剤の選び方

ここでは、メンズパーマのスタイリング剤の選び方を紹介します。

ご自身がなりたいパーマのイメージに合わせて選んでくださいね。

パーマ初心者さんなら「クリームワックス」

パーマを初めてかけた方は、クリームワックスを選ぶのがおすすめです。

一度はクリームワックスを使用したことのある男性が多いと思うので、スタイリングも難しくないはずです。

クリームワックスは、油分が多くしっとりとしているので、パーマヘアになじみやすくなっています。

その中でも、しっかりと固めたければハードタイプを、やわらかな質感にしたければソフトタイプを選びましょう。

ナチュラルに仕上げるなら「ファイバーワックス」

ナチュラルなパーマスタイルに仕上げるなら、ファイバーワックスを選びましょう。

ファイバーワックスとは、繊維が入った伸びるタイプのワックスです。

カールのついた髪になじみやすく、立体感を出せるのでパーマスタイルと相性がいいです。

ショートヘアからロングヘアまで、さまざまなパーマスタイルに使えます。

ドライな質感にするなら「マットワックス」

ドライな質感にしたいなら、マットワックスが向いています。

マットワックスとは水分と油分の配合が少なく、ツヤがないワックスで、落ち着いた印象に仕上がります。

通常のワックスよりも硬く、ややバサッとした質感になるため、太く丈夫な髪との相性がよいです。

ウェットな質感で固めるなら「ジェル」

濡れた質感にして、しっかりと固めたいならジェルを選びましょう。

ジェルは水分を多く含んでいるため、伸びがよくなじみやすいのが特徴です。

一度スタイリングすれば、パリッと固まるので、髪型が乱れる心配がありません。

また、傷んでいる髪につけてもパサパサにならず、うるおいをキープできるのも魅力です。

固めずにツヤ感を出すなら「グリース」

固めずにツヤ感のあるパーマにしたいなら、グリースが向いています。

グリースは油分が多いため髪が広がりにくく、しっとりとまとめられます。

一度セットしても固まらないので、スタイルが乱れても簡単に直せるのが特徴です。

また、グリースはオールバックや七三スタイル、マンバンヘアのパーマとも相性がいいです。

軽い質感にするなら「ムース」

軽い質感のパーマにするなら、ムースを選びましょう。

ムースは水分が多く含まれるので、エアリーな質感になるのが特徴です。

パーマヘア特有の立体感が出やすく、テクニック要らずでスタイリングできます。

取れかけのパーマにも、ムースをつけるとカールが復活しやすくなります。

メンズパーマパーマにおすすめのスタイリング剤6選

スタイリング剤がたくさん販売されており、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いと思います。

そこでここでは、メンズパーマにおすすめのスタイリング剤を6つ紹介します。

ぜひ、スタイリング剤選びの参考にしてくださいね。

クリームワックス|hoyu ミニーレ ウイウイ デザインクリーム7

「hoyu ミニーレ ウイウイ デザインクリーム7」は、なめらかなクリームワックスが髪になじみやすいのが特徴です。

伸びがよいため時間をかけずに、スムーズにスタイリングが可能。

ジェルの要素もミックスされているので、乾きにくくほどよいツヤ感が加わります。

また、べたつきにくいものの、しっかりとしたセット力があるので、パーマの立体感を崩したくない男性にも向いています。

ミニーレ ウイウイ|ホーユープロフェッショナル | hoyu professional (hoyu-professional.com)

ファイバーワックス|MILBON プレジュームワックス6

「MILBON プレジュームワックス6」は、繊維がたっぷり入ったファイバーワックスです。

糸を引くように伸びるワックスは伸びがよく、根元にもしっかりとなじむため、パーマに立体感を出せます。

また、パーマによってごわつきやすい髪もしっとりした質感になるため、パーマを繰り返しかけている男性にも使用していただきたいです。

プレジューム ワックス 6|プレジューム(スタイリング)|株式会社ミルボン (milbon.com)

マットワックス|リップス エアーマットワックス

「リップス エアーマットワックス」は、ナチュラルでドライな質感を出すことが可能です。

マットワックス特有のテクスチャーの硬さがなく、やわらかいため髪にさっとなじみ、スムーズにスタイリングできます。

また、空気を含ませたかのように軽やかなスタイルになるので、ニュアンスパーマなどゆるいパーマとの相性がいいです。

ほのかに香るグリーンアップルも爽やかな印象です。

エアーマットワックス85g | LIPPS Online (リップスオンライン) (lipps-product.com)

ジェル|ロレッタ ハードゼリー

「ロレッタ ハードゼリー」は、毛先の動きを出しながら、ハードに固められるジェルです。

みずみずしいテクスチャーが髪をしっかりとコーティングし、ウェットな質感に仕上げます。

濡れている髪になるものの、重くならないので根元をぺたっと潰したくない方にも向いています。

バケツタイプにたっぷり入ってコスパがよいのも魅力です。

ロレッタ ハードゼリー|ヘアジェル|ロレッタの製品|Loretta(ロレッタ) (loretta-jp.com)

グリース|中野製薬 モデニカ アートグリース

「中野製薬 モデニカ アートグリース」は、ファイバー入りで立体感が出しやすいグリースです。

伸びがよいためパーマの動きを出しやすく、きれいなフォルムに仕上がります。

しっかりとしたセット力があるため崩れにくいですが、シャンプーで洗い落としやすいのも魅力です。

スパイラルパーマなど、しっかりとウェーブ感を出したいヘアスタイルとの相性がよいです。

中野製薬 | 製品 | モデニカ アート (nakano-seiyaku.co.jp)

ムース|ルベル トリエ フォーム4

「ルベル トリエ フォーム4」は、うるおいをキープしながらやわらかなパーマを出せるムースです。

保湿成分やトリートメント成分が含まれているため、髪が乾燥しにくく綺麗なウェーブを出せるのが特徴です。

また、油分が少ないためペタッとせず、軽やかな質感になるのでラフさも加わります。

ラフランスとリンゴの香りが主張し過ぎず、ほんのりと香ります。

LINE UP|TRIE|Products|ルベル - LebeL ALL YOUR OWN

メンズパーマにスタイリング剤をつけるときの4つのポイント

パーマのスタイリングを難しく感じることはありませんか?

カールやウェーブがついた髪をセットするときは、少しのポイントに気を付けるだけで、今っぽいパーマスタイルに仕上がります。

そこでここでは、メンズパーマにスタイリング剤をつけるときの4つのポイントを紹介します。

スタイリングする前に髪を濡らす

パーマヘアは、スタイリングする前に必ず髪を濡らしましょう。

基本的には、髪が濡れているときにパーマが出やすく、乾いているときはパーマがゆるくなりやすいです。

そのため、一度髪全体を濡らしてパーマを出しやすくする必要があります。

根元はしっかりと乾かして、毛先は半乾きの状態でスタイリング剤を付けると、しっかりとパーマが出やすくなります。

ムース・グリース・ジェルを使用する場合は、濡れた髪をよくタオルドライして、乾かさずにそのままスタイリングするのもおすすめです。

スタイリング剤を指の間になじませる

スタイリング剤をつけるときは、手のひらだけでなく指の間にもよくなじませましょう。

パーマヘアは髪が立体的に動きやすいので、指の間にもスタイリング剤をつけることで、髪全体に満遍なくつけることができます。

スタイリング剤が髪全体につけられれば、セットもしやすくなります。

内側の髪にもスタイリング剤をつける

スタイリング剤は、内側の髪にもしっかりつけるようにしましょう。

どうしてもスタイリング剤は髪表面につきやすく、内側にはつきにくいです。

襟足や耳上部分など、自分ではなかなか見えない所にもつけることで、仕上がりが格段によくなります。

表面の髪を持ち上げながら、スタイリング剤をつけるのもおすすめです。

パーマの毛束をほぐす

スタイリング剤をつけ終わった後は、パーマの毛束を細かくほぐすようにしましょう。

スタイリング剤の油分によって毛束同士がつきやすいですが、ほぐすことで髪に動きが出てふんわりとしたパーマスタイルに仕上がります。

また、立体感が出やすくなるので、フォルムも綺麗に見えます。

スタイリング剤をつけてかっこいいヘアスタイルにしよう!

本記事では、メンズパーマのスタイリング剤の選び方や、おすすめの商品を紹介しましたがいかがでしたか。

それぞれのスタイリング剤には、以下の特徴があることがわかりました。

  • クリームワックス:パーマ初心者さん向け、しっとりしやすい
  • ファイバーワックス:自然な仕上がり、伸びがいい
  • マットワックス:ドライな質感、落ち着いた印象
  • ジェル:ウェットヘア、パリッと固める
  • グリース:ツヤ感、固めない
  • ムース:軽やかな質感、取れかけのパーマにも◎

ご自身の好みや目的に合わせてスタイリング剤を選ぶと、理想のパーマヘアに近づけます。

ぜひ、パーマに合ったスタイリング剤を使用して、かっこいいヘアスタイルを楽しんでくださいね。

「本ページはプロモーションが含まれています」

-ファッション, ヘアスタイル
-